Walk in the dark

 

 

「今日何日だっけ?」それが彼女の口癖だった。

 

彼女は、日の出ているうちに外出することは滅多になかった。昼過ぎまで眠り、目が覚めると息子や孫の写真を見て過ごした。

部屋には息子や孫のための物がたくさん置かれていて、彼らとの思い出をよく口にした。目を細めながら、いつも同じ話を繰り返した。

ただ、独り暮らしの彼女の元に、彼らが訪ねてくることは決してなかった。

 

夜になると街へ出た。やることは毎日決まっていた。あてもなく歩き回り、何をするでもなく店に入っては、また外へ出ていく。

それを繰り返し、朝になると一人、部屋に帰った。

 

彼女の日常は少しずつ、しかし確実に過ぎ、消えていった。

誰ひとり、本人にさえほとんど記憶されないまま。

 

これは、彼女と過ごした日々の記録である。

 

彼女は、たしかにそこに居た。

 

 

 

“What day is it today?”  She always asked me.

 

She didn’t go out in daytime.  She often slept until the afternoon and spent time looking at photos of her dearest sons and grandchildren.
There were so many things for them in her room. She talked about her happy memories of them. They were always the same stories but she always looked so happy.
However, her sons and grandchildren had never come to see her who lived alone.

When the night came, she walked set courses and browsed in shops. She repeated a “walk”, and went back early the next morning.

Her days passed, while no one knew them and she herself also couldn't remember them.

I kept record of her days with my camera. I know she certainly lived there.